「出し子」3人の顔写真公開=振り込め詐欺、依然月100件超―警視庁

 振り込め詐欺でだまし取った現金を現金自動預払機(ATM)から引き出した「出し子」として、警視庁捜査2課は1日、男3人の顔写真を公開した。同課によると、東日本大震災以降、全国的に振り込め詐欺事件の認知件数は減少しているものの、依然として月100件を超えており、被害は首都圏に集中しているという。

 同課によると、男3人はいずれも20~30代。うち1人は7月中旬、2回にわたり、江戸川区のコンビニエンスストア内のATMから現金を引き出した疑いがある。

時事通信 12月1日(木)12時32分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード