「小切手忘れた」詐欺、新座でまた500万被害

 埼玉県警新座署は1日、新座市の無職女性(64)が500万円の詐欺被害に遭ったと発表した。

 1日午後、女性宅に長男(36)を装った男から「電車に小切手が入っていたかばんを忘れ、会社を起こす資金が支払えない。上司に1000万円を準備してもらったので、500万円を何とかしてほしい」と電話があった。さらに上司を名乗る男から「ヤマグチという部下に取りに行かせる」と電話があり、女性は預金をおろし、自宅に来た20歳代とみられるスーツ姿の男に手渡した。

 同市内では11月29日にも同様の手口で500万円をだまし取られる詐欺事件があり、同署で関連を調べている。

読売新聞 12月2日(金)10時22分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード