出会い系で4300万円詐欺被害 岡山の70代男性、刑事告訴も

 岡山市内の70歳代の男性が昨年9月~今年10月、利用していた出会い系サイトから、「1億1千万円を得られる特典があり、手数料が必要」などの名目で、現金約4300万円をだまし取られる被害に遭っていたことが9日、弁護士への取材で分かった。弁護側は同日、東京都内のサイト運営会社などに被害金の返還を請求。返還に応じない場合、県警に詐欺容疑で刑事告訴する方針という。

 弁護士によると、男性は昨年9月ごろから出会い系サイトを通じ、複数の人物とメールのやり取りを始めた。次第にサイト側から「商品の商標登録の権利を譲りたいから手続き費用がいる」「多額の収入が入る特典がある」などと嘘のメールが届くようになったという。

 男性は、今年10月ごろまでに約60回にわたって指定された銀行口座に現金を振り込み、計約4300万円をだまし取られたという。男性が10月、岡山弁護士会の電話相談会「出会い系110番」に相談し、被害が明らかになった。

 弁護士は「女性や金銭欲を利用した明らかな詐欺。被害者も支払った現金を回収するまでやめられなくなり、被害額が膨れあがってしまった」と話している。

産経新聞 12月10日(土)7時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード