受け取り型詐欺 浜松の男性200万円被害

 浜松市の無職男性(71)が9日、おいを名乗る男に現金200万円をだまし取られたと浜松東署に届けた。同署は受け取り型の詐欺事件として調べている。

 同署によると、同日午後、男性宅においを名乗る男から「1千万円の小切手が入ったかばんを電車の中に忘れた。何とかしないと会社を首になる」と電話があった。直後に上司を名乗る男からも電話で同様の依頼があり、約40分後、男性は自宅を訪ねてきた同僚を名乗る男に200万円を手渡した。その後、男性はおいに電話し、詐欺と気づいたという。

(12/11 07:56)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード