手配のリーダー格男逮捕=水源地投資詐欺―大阪府警など

 水源地や金山開発をめぐる投資詐欺事件で、大阪や青森など9府県警は14日、詐欺容疑で指名手配していた住所不定、無職菊次達朗容疑者(46)を逮捕した。同事件での逮捕者は32人目。菊次容疑者は詐欺グループを統括していたリーダー格で、所在不明になっていたが、東京都内で身柄を確保された。

 大阪府警捜査2課によると、グループは都内と大阪市内を活動拠点とし、パンフレットを送付する役、投資話の勧誘電話をする役、だまし取った金を引き出す役の三つに分かれていた。菊次容疑者はこれらの各グループに指示し、だまし取った金の配分も取り仕切っていたという。

 被害は高齢者を中心に全国に及び、被害総額は数十億円に上るとみられている。

時事通信 12月14日(水)21時24分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード