有名画家の絵画「委託販売する」 詐取容疑で男逮捕

 国内外の有名画家の絵画をだまし取ったとして、警視庁深川署は、詐欺の疑いで、名古屋市に住む自称会社員、篠田一典容疑者(47)を逮捕した。同署によると、「金は払うつもりだった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成20年11月下旬、東京都江東区でギャラリーを経営する美術商の男性に「絵画を委託販売する」と偽り、昭和期の画家、松本竣介や高山辰雄、フランスの画家ユトリロの絵画計3点をだまし取ったなどとしている。

 同署によると、篠田容疑者は、絵画を顧客に販売して計3130万円を渡すと美術商に約束していたが、別の販売先に勝手に売っていたとみられる。

 篠田容疑者は、美術品を横領したとして、都内の取引先などが損害賠償を求めて提訴しているといい、同署は同様の被害が他にもあったとみて、裏付けを進める。

産経新聞 12月3日(土)10時51分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード