40歳男性、「弟」名乗られ200万円振り込む

 栃木県警大田原署は10日、大田原市の会社員男性(40)が振り込め詐欺に遭い、200万円をだまし取られたと発表した。

 発表によると、6日午後10時頃、自宅に弟を名乗る男から「風邪を引いた。会社をクビになるかもしれない」などと電話があった。7日にも「会社の金を使い込んだ。400万円何とかならないか」などと電話があったため、「200万円なら何とかなる」とこたえ、銀行から200万円を振り込んだ。10日、男性が弟に確認し、発覚した。

(2011年12月11日12時06分 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード