みずほ銀元行員に懲役11年 融資詐欺で東京地裁判決

 みずほ銀行から融資金が不正に引き出された事件で、詐欺罪などに問われた同行築地支店の元課長代理、武田広人被告(36)の判決公判が27日、東京地裁で開かれた。野口佳子裁判長は「社会的信頼の高さを利用した巧妙で極めて悪質な犯行」として、武田被告に懲役11年、罰金1500万円(求刑懲役12年、罰金2600万円)を言い渡した。

 野口裁判長は「融資業務は支店ぐるみで行われた」とする弁護側の主張を退けた上で、被告が「行内での高い評価、信頼を巧みに利用し犯行を主導した」と指摘。犯行発覚に際し被告が「部下に口裏合わせを依頼するなど証拠の隠滅を図った」と非難した。

 判決によると、武田被告は融資先の東京都内のコンサルタント会社の実質経営者(42)=1審実刑、控訴=らと共謀。平成20~21年、この会社など3社の売上高や利益を水増しした虚偽の決算報告書を同行に提出、計約15億円を融資させだまし取ったほか所得約2億3300万円を隠し約8800万円を脱税した。

みずほ銀行広報の話 「世間をお騒がせしたことを、改めておわび申し上げます」

2012.1.27 12:47

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード