他人名義の通帳と印鑑使い現金詐取未遂容疑、男女逮捕 福井・坂井署

 坂井署は14日、有印私文書偽造、同行使、詐欺未遂の疑いで坂井市春江町江留上本町の会社員、坪内真紀子容疑者(23)と同、無職、黒田光宣容疑者(50)を逮捕したと発表した。両容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、両容疑者が共謀して昨年11月18日、坂井市内の金融機関で、不正に入手した同市内の高齢男性名義の通帳と印鑑を使って、払い戻し請求書を偽造し、現金36万円をだまし取ろうとしたとしている。坪内容疑者が金融機関に訪れたが、職員が不審に思い、家族に問い合わせている間に逃げたらしい。同署は防犯カメラの映像などをもとに捜査していた。

2012.1.15 02:27

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード