偽ブランド品販売:9府県で被害500万円 捜査を終結 /奈良

 高級ブランド「エルメス」の偽バッグ販売事件で奈良・石川両県警は23日、計15件の事件について男女9人を商標法違反などの容疑で奈良地検葛城支部へ送検し、捜査を終結したと発表した。被害は9府県で約500万円に上る。

 大阪市西区の無職、劉寿樹被告(31)=詐欺罪などで公判中=ら実行役7人の容疑は、09年12月ごろから昨年7月14日までの間、大阪府や奈良県などのブランド品買い取り店13店舗に偽バッグを売りつけるなどしたとされる。また兵庫県尼崎市、洋装品卸売業、趙珠化被告(51)ら2人は、劉被告らに偽バッグを販売した他、倉庫などで偽ブランド品を販売目的に所持していたとされる。

 県警によると、劉被告らは全国約200店舗で偽物を売りさばいていたという。【千脇康平】

毎日新聞 2012年1月24日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード