偽装結婚事件 容疑の4人再逮捕 神戸

 在留資格を得るため偽装結婚するなどしたとして、県警組織犯罪対策課などは27日、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、神戸市長田区一番町の工員、ル・マン・リン容疑者(31)らベトナム人の男女3人を再逮捕した。また、生活保護費をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同区庄田町の無職、グェン・ティ・ゴック容疑者(34)も再逮捕した。

 4人は別の偽装結婚事件で今月8日に逮捕されていた。

 3人の再逮捕容疑は昨年2月、ベトナム人の女(26)に在留資格を取得させるため、長田区役所に虚偽の婚姻届を提出するなどしたとしている。リン容疑者は「知らない」と否認しているが、ほかの2人は認めているという。

 ゴック容疑者の再逮捕容疑は昨年4~5月、収入があるのに「ゼロ」と偽った収入申告書を同区役所に提出。生活保護費計約28万6千円をだまし取ったとしている。

2012.1.28 02:05

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード