北海道電力元課長、百貨店から多額の図書カードを詐取したとして詐欺容疑で逮捕

北海道電力の元課長が、百貨店から多額の図書カードをだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、元北海道電力企画部課長・蝦名弘幸容疑者(49)。

警察によると、課長だった2011年3月、札幌市の百貨店から業務上の贈答品用として、図書カード162万円分をだまし取った疑いが持たれている。

蝦名容疑者は、「1,000万円以上の借金があった」と容疑を認めていて、カードは換金し、借金の返済や遊興費などに充てていたという。

この事件は、百貨店が、カードの代金が支払われないとして2011年8月、北海道電力を提訴し、発覚した。

警察では、蝦名容疑者が「プルサーマル対策で必要」などと、同様の手口で1億3,000万円分をだまし取ったとみて、余罪を調べている。

(01/29 00:33 北海道文化放送)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード