振り込め詐欺で2千万被害 長男名乗る男に 三重

 三重県警鈴鹿署は10日、鈴鹿市の無職女性(60)が長男を装った振り込め詐欺の被害に遭い、昨年11月以降、総額約2050万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、男は昨年11月から12月、女性宅に数回電話し「不倫の示談金で200万円が必要」「会社から着服した金の返済費用が欲しい」などと要求。女性は同市や津市の銀行から、14回にわたり50万~300万円を指定された銀行口座に振り込んだ。

 女性は実母と2人暮らし。今月9日に神奈川県内に住む30代の長男と連絡を取り、振り込め詐欺と気付いたという。同署に「てっきり息子だと思った」と話している。

2012.1.10 16:34

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード