振り込め詐欺を狙った電話相次ぐ 和歌山

 県警生活安全企画課は13日、和歌山市などで振り込め詐欺を狙ったとみられる男の不審な電話が12日以降相次いでいると発表した。県立和歌山工業高校の卒業名簿を使って電話を掛けている可能性が高いといい、注意を呼びかけている。

 同課によると、13日には和歌山市内の70代の女性宅に息子を名乗る男から「女性を妊娠させてしまった。示談金として100万円必要」と電話があった。女性は指定された口座に100万円を振り込んだ。

 ほかに被害は出ていないが、同市と海南市で12日以降、計7件の同様の不審な電話があった。いずれも40歳前後の男の声で、県立和歌山工業高校の卒業生の名前をかたっているという。

2012.1.14 02:43

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード