被災した金融機関の非常措置を悪用 詐欺容疑で男ら逮捕 摘発は全国初

 東日本大震災で被災し、口座処理不能となった金融機関での非常払い制度を悪用して現金をだまし取ったとして、埼玉県警捜査2課などは5日までに、詐欺容疑で東京都新宿区上落合、パソコン販売業、鶴身浩司容疑者(41)ら4人を逮捕した。県警によると、被災した金融機関の非常払いを狙った現金詐欺事件の摘発は全国初という。

 捜査2課によると、鶴身容疑者ら4人は共謀、被災した金融機関では本人確認ができれば金融機関側が上限20万円まで肩代わりして口座引き出しができる制度を悪用して現金をだまし取ろうと計画。岩手県内の郵便局で昨年3月29日、口座名義人とは別の男がキャッシュカードと保険証を提示するなどして現金計40万円を詐取した疑いが持たれている。

2012.1.5 20:47

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード