親族の会社使い市から34万円詐取した元市係長

 静岡県警は30日、同県富士宮市阿幸地町、元同市役所水道工務課係長望月建次容疑者(52)を詐欺の疑いで逮捕した。

 富士宮署の発表によると、望月容疑者は昨年7月、市が管理する水道管の漏水工事を行ったように装い、親族が経営する市内の水道修繕会社に架空の工事代金の請求書を作らせて市に提出し、市からこの会社の口座に現金約34万円を振り込ませてだまし取った疑い。望月容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。

 同市の内部調査では、望月容疑者は昨年7~12月、同様の手口で計約300万円を不正支出したとみられ、市は昨年12月、望月容疑者を懲戒免職処分にし、同署に被害届を提出していた。

(2012年1月30日11時38分 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード