収入偽りマンション契約容疑で組長ら逮捕 大阪

   収入があると偽ってマンションを借りたとして、府警捜査4課は28日、詐欺容疑で、指定暴力団山口組直系組長、能塚恵被告(51)=犯人隠避罪などで起訴、大阪市港区市岡=と同市浪速区幸町の無職、小栗司帆容疑者(39)の2人を逮捕し、住居不定の元不動産会社社長の男(42)を同日付で指名手配したと発表した。

 逮捕容疑は、平成21年9月、共謀の上、無職の小栗容疑者が男の不動産会社に勤務して収入を得ていると装った入居申込書を別の不動産会社に提出し、入居資格のない同市中央区内のマンション一室の賃貸契約を結んだとしている。

産経新聞 2月29日(水)7時55分 

 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード