詐欺:偽りの車ローン、280万円詐取 鶴岡署、2人を容疑で再逮捕 /山形

 鶴岡署は28日、鶴岡市上藤島、飲食業、石向雅和(32)と同市東原町、自動車販売業、石井徹(44)の両容疑者を詐欺容疑で再逮捕した。
 逮捕容疑は、2人は共謀して09年1月ごろ、県内の金融機関で車購入と偽ってローンを契約。現金280万円をだまし取ったとしている。2人は「生活費や石井容疑者の自動車販売業の運転資金などに使った」と容疑を認めている。

 2人は無許可で鶴岡市内のスナックを営業したとして、7日に風営法違反容疑で逮捕されていた。県警はスナックの売上金など約50万円が犯罪収益にあたるとして、没収保全命令を地裁鶴岡支部に請求し、同支部が命令を出した。

 昨年7月に施行された改正組織犯罪処罰法に基づくもので、風営法違反事件への適用は県内初。無許可営業の風俗店は暴力団が介在しているケースが多く暴力団の資金源を絶つため法改正に伴い命令の対象に加えられた。

毎日新聞 2月29日(水)12時22分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード