詐欺:生活保護費詐取、容疑で逮捕 6年半で3200万円 /大阪

 露天商として収入があるのに大阪市に虚偽申告をし、約6年半で生活保護費約3200万円を詐取したとして、府警警備部は7日、大阪市住吉区の右翼団体支部元代表、黒野明人容疑者(49)を詐欺容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、05年7月、大阪市に「収入がない」と虚偽の生活保護を申請。約6年半にわたって生活扶助費や医療扶助費など生活保護費をだまし取った、としている。

 府警によると、黒野容疑者は、たこ焼きなど約30店分の出店設備を保有。府内のほか、佐賀県や新潟県など全国のイベント会場で出店し、11年の年間売り上げは推計で約1500万円という。【稲垣淳】

毎日新聞 2012年2月8日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード