詐欺:確定申告書粉飾で7000万円信用保証、「美宝堂」元専務を追起訴 /愛知

 粉飾した法人税確定申告書を使って7000万円分の信用保証を受けたとして、名古屋地検特捜部は3日、名古屋市東区の宝石販売会社「美宝堂」(事実上倒産)の元専務、野々垣敬被告(56)=詐欺罪で公判中=を別の詐欺罪で名古屋地裁に追起訴した。

 起訴状によると、商品の在庫を約5億9000万円水増しした同申告書を作成。県と同市の信用保証協会をだまし、08年11月に3500万円ずつ信用保証を受けたとされる。美宝堂はこの信用保証などで信用金庫から1億円の融資を受けた。

 県警はこの事件で昨年10月、野々垣被告を詐欺容疑で逮捕、地検は昨年11月に処分保留にして捜査を進めていた。【山口知】

毎日新聞 2012年2月4日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード