<ナマコ出資詐欺>架空輸出話もちかけ 容疑者17人逮捕

 架空のナマコ輸出事業への出資話で現金をだまし取ったなどとして、警視庁捜査2課は21日、東京都新宿区西新宿6、「南洋」社長、中元雅二容疑者(57)ら17人を詐欺などの容疑で逮捕したと発表した。同社の口座には全国約290人から約7億6000万円が振り込まれており、捜査2課が被害の全容解明を進める。

 逮捕容疑は昨年10月ごろ、愛知県の派遣社員の男性(71)に南洋社の社員などを装って電話をかけ、「輸出用の乾燥黒ナマコ事業は安全で確実な出資先で、実績も上げている」などと架空の投資話を持ち掛け、現金80万円を振り込ませたなどとしている。

 捜査2課によると、同社はサイパンに本社があり、青森県などと提携しているとしていたが、輸出の実体はなかった。中元容疑者ら17人の大半が容疑を否認しているという。

 被害者の男性は以前、都内の別の芸能関連会社の実体のない未公開株250万円分を買わされる被害に遭っており、中元容疑者らは当初、同社の元社員を装って接触。その後、弁護士を名乗る別の男が「優良企業の債権があれば、返金に応じる」と、新たな投資先として南洋を紹介したという。捜査2課は別の詐欺事件などの被害者を狙っていたとみている。

 日本近海で取れるナマコは、中国などで人気で、高く売れるという。

毎日新聞 2月21日(火)16時7分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード