<豊田の白骨化遺体>年金詐欺で長男を起訴

 愛知県豊田市のマンションで住民の新実一子さんの白骨化した遺体が見つかった事件で、名古屋地検岡崎支部は17日、一子さんの年金をだまし取った容疑で逮捕された長男の無職、新実透容疑者(50)を詐欺と有印私文書偽造・同行使などの罪で名古屋地裁岡崎支部に起訴した。

 起訴状によると、新実被告は10年11月、自宅で既に死亡していた母親が生存しているように見せかけた書類を作成、日本年金機構(東京)に提出した。そのうえで、同12月から1年間に7回、年金計約150万円をだまし取ったとされる。盗難自転車に乗っていたという占有離脱物横領罪でも同時に起訴された。

毎日新聞 2月19日(日)2時8分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード