偽印紙換金:詐欺容疑などで5人逮捕--愛知など4県警

 偽造収入印紙を換金して現金をだまし取ったとして、愛知、静岡など4県警の合同捜査本部は5日、長崎市滑石、無職、山田一敏容疑者(58)ら5人を詐欺や印紙犯罪処罰法違反(使用)などの容疑で逮捕したと発表した。今後、入手経路の解明を進める。

容疑は11年5月、偽造した額面1万円の収入印紙1000枚分を大阪市旭区の会社役員の男性(38)に現金700万円で買い取らせたとしている。愛知県警によると、山田容疑者は「印紙が偽物とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

同県警の調べでは、山田容疑者らは「会社の税金対策として現金代わりにためていた印紙を買ってほしい。絶対間違いない」などと買い取りを持ちかけていた。捜査本部は愛知県内を中心に1万枚以上の偽造印紙を押収。逮捕容疑のほかにも金券ショップで換金するなどして、偽造印紙1400枚以上を使ったとみている。

愛知県警は昨秋、偽造印紙で現金をだまし取ったとして元暴力団員らを逮捕。捜査の過程で山田容疑者らが浮上した。 

毎日新聞 2012年3月5日 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード