投資詐欺事件の被害者だます 容疑の29歳男逮捕 警視庁

 鉱物採掘権をめぐる投資詐欺事件の被害者から現金をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は詐欺の疑いで、相模原市中央区淵野辺、無職、莇(あざみ)純一容疑者(29)を逮捕した。同課によると、莇容疑者は、「今年1月ごろから闇サイトで知り合った男と始めた」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、1月下旬~2月8日、鉱物採掘権に出資した東京都内の男性(75)宅に、調査会社の職員を装って電話をかけ、「出資金被害にあった方に電話をしています。返金手続きのために、供託金を納付していただかなければなりません」などと嘘をついて、男性に約30万円を指定口座に振り込ませたとしている。

 同課によると、莇容疑者は、ほかにも被害が確認されている鉱物採掘権や水利権に投資した5人に同じ内容の電話をかけていたが、5人は現金を振り込んでいなかった。同課は、莇容疑者が電話番号を知った経緯などについて調べている。

産経新聞 3月16日(金)13時55分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード