投資詐欺:震災に便乗 花巻の施設改築と電話勧誘 /岩手

 東日本大震災に便乗し、「被災した高齢者向けの介護住宅にするため、花巻市の旧国民年金保養センター(現・金矢温泉)を改築している。債権を買い取ってほしい」と男の声で投資をもちかける詐欺電話が埼玉県の男性にかかっていたことが8日、花巻市などへの取材で分かった。同センターは現在、温泉施設として営業中で、改築予定はなく、出資も募っていないという。市は「うその勧誘なので、契約しないで」と注意を呼びかけている。

 不審に思った男性が7日、同市に電話で問い合わせ発覚した。男は「花巻市長からも依頼されている」と男性に話し、信用させようとしたほか、男性が「資料をください」と要求すると、後日パンフレットを送ってきたという。男性に被害はなかった。市によると、8日までに市が把握している限りでは、同様の電話はこの男性のみ。市は「震災復興を理由にした善意につけこむ詐欺は、今後も発生すると思われるので注意してほしい」と話している。

毎日新聞 3月9日(金)11時27分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード