振り込め詐欺:千葉・花見川区で連続被害 80代3人、計900万円 /千葉

 千葉西署は8日、千葉市花見川区で振り込め詐欺被害が相次ぎ、80代の男女3人が現金計900万円をだまし取られたと発表した。

同署によると、89歳の男性宅に6日夜~7日昼、次男をかたる男から複数回電話があり「内職の機械を設置するのに必要な500万円を貸してほしい。郵便局の人が取りに行く」と要求。男性は妻(80)と銀行でそれぞれ250万円ずつ引き出し、7日正午過ぎに自宅を訪れた郵便局員を名乗る男に計500万円をだまし取られた。男性は現金を渡す直前、不審に思い次男に確認しようと携帯電話に連絡したが、仕事中で電話に出られなかったため、現金を渡してしまったという。

また、82歳の男性宅にも6日昼~7日昼、孫をかたる男から「バイト先の浄水器を売ってしまい400万円が必要」などと複数回電話があり、7日正午過ぎに自宅を訪れた郵便局員を名乗る男に現金400万円をだまし取られた。男性は孫と同居していたが、当時、孫は旅行中だった。何度も男と電話で会話し、孫と信じ切ってしまったという。

男はいずれも20~25歳くらいで短髪、面長だったといい、同署が注意を呼びかけている。

 毎日新聞 2012年3月9日 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード