県主査を再逮捕 通帳とカード詐取容疑 滋賀

 他人に譲り渡す目的で金融機関の口座を開設し、通帳とキャッシュカードを交付させたとして、県警捜査2課と彦根署は12日、詐欺の疑いで、県湖東農業農村振興事務所主査、池田二郎容疑者(42)=長浜市湖北町速水=を再逮捕した。彦根署によると、「だまし取ったつもりはない」などと容疑を否認している。

 池田容疑者は2月21日に、同様の目的で別の口座を開設、通帳とキャッシュカードを交付させたとして、同容疑で逮捕されていた。捜査関係者によると、いずれの口座も県外の振り込め詐欺事件で使用されたといい、県警で関連を調べている。

 再逮捕容疑は今年1月18日、彦根市内の金融機関で、他人に譲り渡す目的であるのに自分が利用すると偽り、普通預金口座を開設し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったとしている。

産経新聞 3月13日(火)7時55分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード