詐欺:架空の投資話で現金60万円詐取 容疑の親子ら逮捕 /東京

 証券会社の社員を装い、架空の投資話で現金をだまし取ったとして、築地署は9日、住所不定、無職、池田晶子(54)と次男の無職、礼(23)の両容疑者ら計3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。晶子容疑者らは親子で投資話を持ち掛けたとみられ、同署は20代の長男についても逮捕状を取り、行方を追っている。

 逮捕容疑は昨年12月下旬、静岡県藤枝市の自営業の女性(68)に架空の証券会社社員を装って電話し「絶対に値上がりする社債があるが、私募債で49人しか買えない。最低3口分60万円を振り込めば、49人に入れる」などとうその投資を持ち掛け、現金60万円を振り込ませたとしている。

 築地署によると、晶子、礼の両容疑者は容疑を否認しているという。両容疑者らの管理する口座には他にも約2600万円が振り込まれており、同署は礼容疑者と長男が友人らに電話をかけさせ、晶子容疑者に現金を引き出させていたとみている。

毎日新聞 3月10日(土)10時35分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード