<虚偽診断書作成>医師に懲役8年判決…札幌地裁

 聴覚障害を偽装し、患者に障害年金を不正受給させたとして詐欺と虚偽診断書作成・同行使の罪に問われた札幌市の耳鼻咽喉(いんこう)科医、前田幸※(よしあき、※は日の下に立)被告(77)に対し、札幌地裁は19日、懲役8年(求刑・懲役15年)を言い渡した。園原敏彦裁判長は「多額の診療報酬を得ており、刑事責任は重い」と指摘した。

 診断書を作成した前田被告が、患者の耳が聞こえることを認識していたかどうかが争点だった。検察側は、診察中の前田被告が患者と普通の大きさの声で会話し、一緒に登山もしていたことなどから「障害がないと認識していた」と主張。弁護側は「聞こえないふりをする患者にだまされた」と反論していた。

 判決によると、前田被告は02~07年、患者42人の耳がほとんど聞こえないとするうその診断書を作成し、北海道社会保険事務局から障害年金計約1億6800万円をだまし取った。同年金を患者が受け取る一方、前田被告は診療報酬約2700万円を得た。

 一連の事件では、起訴された患者ら計22人の有罪が確定。患者を前田被告に仲介した同市の社会保険労務士、香田清被告(70)は1審・札幌地裁の懲役8年の有罪判決を不服として札幌高裁に控訴している。

毎日新聞 3月19日(月)13時18分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード