振り込め詐欺:有料サイト装い 5000万円 女性被害

広島県内の40代女性が、携帯電話の有料サイト利用を装った架空請求で約5000万円をだまし取られた疑いがあることが15日、捜査関係者への取材で分かった。女性は100回以上、振り込んだといい、家族から相談を受けた同県警は、振り込め詐欺事件として捜査している。金額が多額に上るため、慎重に裏付けを進めている模様だ。

捜査関係者などによると、昨年9月、女性の携帯電話に有料サイト利用料の回収業者と名乗る男から、サイトの接続利用料が未払いで、支払わなければ裁判になるという要求があったという。女性は指定の金融機関口座に約50万円を振り込んだが、「別のサイトの利用料も未払い」などと支払い要求が繰り返され、今年2月まで100回以上にわたって計約5000万円を振り込んだという。今年3月、女性の家族から県警に被害の相談があった。【黄在龍】

毎日新聞 2012年04月15日 21時45分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード