生活保護費不正受給:容疑で2人を逮捕 /京都

生活保護費を不正受給したとして伏見署と下鴨署は30日、京都市伏見区淀本町、自称無職、松本秀之(58)と左京区田中玄京町、職業不詳、坂田政裕(57)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。
松本容疑者の容疑は、07年4月~08年10月、実際には運送会社に勤務し約200万円の年収があったにもかかわらず、市に無職と虚偽の申告をして生活保護費約250万円を不正に受給した、としている。
坂田容疑者の容疑は、05年11月~07年5月、建設会社に勤務し月10万~30万円収入があったが、市に「糖尿病で仕事がない」と虚偽の申告をし、生活保護費約120万円をだましとった、としている。
松本容疑者は「返すつもりだった」と否認、坂田容疑者は容疑を認めているという。
2人は市の内部調査で不正受給が発覚し、今年1月、市が告発していた。【堀智行、花澤茂人】

毎日新聞 5月31日(木)16時6分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード