親族装い計255万だまし取る 容疑の元暴走族の男ら5人逮捕

 親族を装って高齢女性2人に電話し、現金計255万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は、詐欺の疑いで、東京都葛飾区亀有、無職、大山俊昭(27)と墨田区両国、同、渡辺翔太(25)の両容疑者ら男5人を逮捕した。同課によると、大山容疑者ら2人は容疑を否認、渡辺容疑者は一部否認し、残る2人は認めている。

 同課によると、大山、渡辺両容疑者は葛飾区内にあった暴走族の元幹部。暴走族仲間らを集め、足立区のマンションや千葉県柏市の一軒家などを拠点に定期的にアジトを変えながら活動していたとみられる。

 逮捕容疑は、平成22年7月と今年6月、東久留米市の無職女性(79)と神奈川県藤沢市の無職女性(68)の自宅に、それぞれ甥や息子を装って「電車の中にキャッシュカードや通帳が入ったかばんを忘れた」などと電話し、現金計255万円をだまし取ったとしている。

産経新聞 6月12日(火)13時11分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード