詐欺:医療費還付かたり 諫早の女性が100万円被害 /長崎

諫早署は7日、諫早市の60代女性が、社会保険事務所を名乗る男からの電話で医療費還付金の手数料名目に現金約100万円をだまし取られた、と発表した。詐欺事件として捜査するとともに、同様の不審電話に関する相談が数件寄せられているとして、注意を呼びかけている。  同署によると、男は6日午前、女性に電話し「過去5年分の医療費の払い戻しが約5万円ある」「今日までなら電話で手続きが受けられる」などと言って、女性を自宅近くの銀行のATM(現金自動受払機)に誘い出した。女性は、男が携帯電話で指示する通りにATMを操作。明細を見て約100万円も振り込んだことに気づき、だまされたと分かって同署に届けたという。

毎日新聞 6月8日(金)15時8分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード