詐欺:注射器詐取、容疑で男逮捕 偽造許可証使い4万5000本--県警 /広島

偽造した許可証を使い注射器約4万5000本をだまし取ったとして、県警薬物銃器対策課と広島西署は4日、廿日市市阿品台3、自称土木作業員、丸本薫容疑者(40)を偽造有印公文書行使と詐欺容疑で逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。  逮捕容疑は昨年3月5日~同5月12日、東京都内の医療機器卸売会社に、偽造した医療機器の販売許可証をファクスで送信し、17回にわたって注射器4万5080本(販売価格95万5300円)をだまし取ったとされる。  同課によると、許可証には、偽造した広島市保健所長の印鑑が押されていた。注射器の代金支払いが滞っていたため、卸会社が保健所に連絡し、事件が発覚したという。同課は丸本容疑者が覚せい剤の使用目的で注射器を仕入れ、販売していたとみて捜査している。【黄在龍】

毎日新聞 6月5日(火)14時46分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード