JAローン詐欺:容疑で2人逮捕 /和歌山

JAわかやま(和歌山市)の住宅ローン融資を巡る詐欺事件で、和歌山東署は13日、住居不定、建築業、朴義男被告(53)=詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕し、和歌山市弘西、無職、古米彰容疑者(59)を同容疑で逮捕した。2人は容疑を認めているという。
逮捕容疑は、06年6月、朴容疑者に発注して、古米容疑者が同市内に木造2階建て住宅を建てるとしてJAわかやまに虚偽の給与支払報告書などを提出し、3700万円の融資をだまし取ったとされる。
同署によると、古米容疑者は約250万円を返した後、返済が滞っていた。朴容疑者は、別の男と共謀し同様の手口で住宅ローン3700万円を詐取した疑いで先月8日に逮捕され、その後、起訴されていた。【岡村崇】

毎日新聞 6月14日(木)15時57分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード