「会員権を高く買い取る」投資会社社員名乗り250万円詐欺 栃木

鹿沼署は14日、同市内の無職女性(65)方に投資会社社員を名乗る男から電話があり、現金250万円をだまし取られたと発表した。同署が詐欺事件として捜査している。調べによると、女性方に6月中旬、投資勧誘のパンフレットが届き、さらに投資会社の社員を名乗る男から「パンフレットを持っていないと会員になれない。会員権を高く買い取る」などと電話があった。女性は会員になるための出資金として7月中旬までに5回にわたって指定口座に計250万円を振り込んだという。

産経新聞 7月15日(日)7時55分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード