「少ない年金で生活に困った」 他人のカードで買い物 容疑の69歳男逮捕

郵便局で他人を装って郵送されてきたクレジットカードを受け取り、買い物をしていたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は19日までに、詐欺の疑いで、東京都足立区千住東、無職、日暮忠雄容疑者(69)を逮捕した。

同隊によると、日暮容疑者は「年金が少なくて生活に困っていた」などと容疑を認めているという。

同隊によると、日暮容疑者は割りばしの先端に粘着テープを貼り付け、都内の集合団地を回り、ポストに入っているカードが郵送された際の不在連絡票を抜取っていた。郵便局の窓口では不在連絡票に示された名前の偽造の運転免許証を使ってカードを受け取っていた。

同隊は日暮容疑者が平成21年秋から他人名義のカード26枚を使って韓国に50回以上渡航、ブランド品を買って換金するなどしていたとみている。

逮捕容疑は、文京区に住む40代女性のカードを使って、中央区八重洲にある紳士服販売店と薬局からズボンや薬など10点(計約2万6000円相当)を買ったとしている。

 

産経新聞 7月19日(木)15時27分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード