リゾートマンションから電話 振り込め詐欺未遂容疑で3人逮捕

息子を装って電話をかけ現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策5課は5日、詐欺未遂容疑で、横浜市中区本牧大里町、無職、岡田大造容疑者(33)ら3人=別の詐欺未遂容疑で逮捕=を再逮捕した。

同課によると、岡田容疑者らは今年1月以降、短期の契約ができる千葉や静岡などのリゾートマンションを転々とながら、無差別に東京23区内の家庭に電話をかけていた。1週間で2700回の割合で電話しており、同課は数千万円をだまし取っていた可能性もあるとみて調べている。

同課によると、岡田容疑者は容疑について「何回もだましの電話をかけたので、どれか覚えていない」などと供述しているという。

逮捕容疑は、6月12、13の両日、計17回にわたって杉並区の無職女性(86)宅に次男を装って「電車にカバンを忘れた。急にお金が必要になったので、200万円用意してくれ」などと電話し、現金をだまし取ろうとしたとしている。

同課によると、女性は近くの銀行に現金を下ろしに行った際に行員に注意を促され、被害に気づいた。別の振り込め詐欺事件の捜査の過程で、岡田容疑者らが浮上したという。

産経新聞 7月5日(木)16時27分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード