振り込め詐欺:商事会社名乗り、女性から1300万円--小山 /栃木

小山市の無職女性(82)が6日、約1300万円の振り込め詐欺の被害を小山署に届け出た。

同署によると、1月31日、女性方に商事会社を名乗る男から「地熱発電開発会社の利益配当譲渡券が個人だけに抽選で販売されている。名義を貸してほしい」などと電話があった。その後、申込書が届き、3月5日に「抽選に当選した。あなたの名前で振り込まなければならないので、1000万円を立て替えてほしい」と電話。女性は同月7日~6月29日の間に13回計1295万円を振り込むなどした。5日に長女に相談し、被害に気付いたという。【松本晃】

毎日新聞 7月7日(土)12時49分 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード