詐欺:生活保護費不正受給の男を容疑で逮捕--山科署 /京都

生活保護費を不正に受給したとして、山科署は28日、仙台市青葉区荒巻三居沢、土木作業員、黄江洋一容疑者(42)を詐欺容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、黄江容疑者は京都市山科区に住んでいた09年10月~10年12月、配管工の給与や労働者災害補償保険の収入があったのに無収入と偽り、同市を通じて生活保護費約185万円を不正に受け取った、とされる。「金が足りなかった」と容疑を認めているという。
ケースワーカーが同区の自宅を訪ねた際、労基署から郵便物が届いていたことから不正が発覚した。黄江容疑者が行方不明になったため、市が府警に告発していた。【古屋敷尚子】

毎日新聞 7月29日(日)14時23分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード