誤入金1260万円「いただき」 詐欺容疑で男逮捕 和歌山・かつらぎ署

自身の口座に誤って振り込まれた現金を不正に引き出したとして、かつらぎ署は11日、詐欺容疑で、橋本市横座の建設作業員、丹生善弘容疑者(66)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月、東京都内の建設会社から自身の口座に振り込まれた約1260万円のうち、誤入金と知りながら約325万円を引き出したとしている。

同署によると、丹生容疑者は、同社から「誤って振り込んだので返して」と電話連絡を受けて誤入金に気付いた。丹生容疑者に多額の借金があったため、そのうち約935万円は債権者に差し押さえられていたが、残りを引き出し、自宅の庭に埋めていたという。

丹生容疑者は「詐欺になるとは思っていなかった」と供述しているという。

産経新聞 7月12日(木)7時55分 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード