詐欺:異性紹介で 71歳の男性、1480万円被害--長浜 /滋賀

長浜署は3日、長浜市内の71歳の男性が異性紹介契約名目の振り込め詐欺に遭い、計1480万円をだまし取られたと発表した。

同署によると、男性は6月中旬、若い女性との出会いを求めて雑誌の広告に掲載されていた異性紹介業者に電話。業者の男に「女性と会うには保証金として50万円が必要」と言われ、約1週間後に指定された銀行口座に50万円を振り込んだ。

その後毎日2回ほど業者と連絡を取り、6月下旬に同市内のホテルで女性と業者の男と3人で会話をした。数日後業者の男から「女性があなたを気に入った。次会ったとき女性があなたに返すので、保証金を振り込んでほしい」などと数回電話があり男性は300万円を振り込み、その後も追加の振り込みを求められ7月下旬までに8回にわたり計1480万円を支払った。「急に会えなくなった」などの理由で、女性と会えたのは最初の1回だけだったという。

同署によると男性は既婚といい、同様の詐欺被害への注意を呼びかけている。【村山豪】

毎日新聞 8月4日(土)15時29分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード