振り込め詐欺:警官名乗る電話、東部でも相次ぐ /静岡

警察官を名乗ってお金をだまし取ろうとする振り込め詐欺の不審電話が、16~17日に県東部で相次いだ。県警生活安全企画課によると、17日夕までに富士宮市、三島市で計24件の不審電話があった。

電話はほとんどが高齢者宅にかかってきており、「あなたの口座が悪用され、口座が凍結される。(凍結防止の)手続きをするために必要」などといってキャッシュカードの暗証番号を聞き出したり、カードを受け取ろうとする内容。全国銀行協会の職員を名乗る同じ手口の電話もあった。  10~12日には静岡市、焼津市などの県中部でも、同様に警察官などを名乗る電話が相次いでいる。県警は、「警察が暗証番号を聞いたりカードを預かることはない。電話が来たら詐欺だと思ってほしい」と注意を呼びかけている。【平塚雄太】

毎日新聞 10月18日(木)10時22分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード