詐欺未遂:現金受け取りに来た3人、容疑で逮捕 /新潟

阿賀野署などは30日までに、住所不詳、職業不詳、砂坂康弘(28)▽同、自称不動産業、武田真幸(26)▽東京都新宿区、自営業、森田直晃(28)の3容疑者を詐欺未遂の疑いで逮捕した。
逮捕容疑は、3人は共謀し、阿賀野市内の男性(60)から現金をだまし取ろうと計画。28日に、現金を受け取るため男性宅付近に来たが、警戒中の同署員らに捕まったため、未遂に終わったとされる。
9月中旬、男性宅に鉱山の採掘権購入を勧めるパンフレットが届いた。数日後、架空の金属会社名を名乗る3人とは別人と思われる男から男性宅に電話があった。
男は男性から預金額を聞き出し、「1000万円までは国で守られているが、それ以上は課税される」と説明。該当額が4100万円で、男は「(当社が)国に対して税の減免手続きをするので現金をを預けてほしい」などとウソを言って、男性をそそのかしたという。
男性が多額の預金を引き出したため、不審に思った金融機関が同署に連絡。同署は、架空会社の人間が28日に現金を受け取りに来ることを確認し、警戒していた。【長谷川隆】

毎日新聞 10月1日(月)11時1分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード