詐欺未遂:飲酒同乗者に 事故偽装の3容疑者を逮捕--彦根 /滋賀

彦根署は25日、詐欺未遂容疑で豊郷町高野瀬、無職、梅本享(49)▽同町安食南、食肉業、植田峰雄(61)▽彦根市中藪町、土木作業員、浦山和仁(38)の3容疑者を逮捕した。3人とも容疑を否認している。  逮捕容疑は昨年12月16日午後6時ごろ、共謀して梅本容疑者が彦根市内の飲食店に、同市内の公立中学教諭の男性(31)を誘い出して2人で飲酒後、梅本容疑者が男性を助手席に乗せて車を運転。同市内の県道で浦山容疑者が運転する車にわざと追突する事故を起こした上、梅本容疑者が「警察に届けたら、飲酒運転がばれてしまう。先生に迷惑がかかるし、守ったる」などと言い、仲介役の植田容疑者とともに、示談金として300万円をだまし取ろうとしたとされる。翌日男性が同署に相談して発覚した。07年に道交法が改正され、飲酒運転の同乗者も罰則が強化されている。【前本麻有】

毎日新聞 10月26日(金)15時12分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード