携帯サイト装い、35万円詐取被害 東近江署が捜査 滋賀

携帯電話のサイト使用料の延滞金名目で、東近江市内のアルバイト女性(42)が現金約35万円をだましとられたと、県警東近江署が26日、発表した。詐欺事件として捜査している。

同署によると、今月19日ごろ、女性の携帯電話に見知らぬ会社から「携帯サイトの退会処理ができず未納料金がある」などとメールがあり、同20日に女性が会社に電話。男の声で「訴訟を起こされる前にお金を払えば和解できる」などといわれ、21日に指定された関東方面の住所に現金約35万円を郵送したという。

産経新聞 11月28日(水)7時55分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード