小山で1000万円詐欺被害 長男装う手口相次ぐ 栃木

小山市の無職の女性(70)から1日、「長男を名乗る男に現金1千万円をだましとられた」と小山署に届け出があった。

同署の調べによると、女性宅に11月25日午後9時ごろ、長男を名乗る男から「携帯をなくした」と電話があり、同26日には「会社の経費をごまかして株を買った。今日午後3時ごろ経理の監査が入るので1千万円貸してくれないか」と言われ、信じた女性は同日、銀行から現金1千万円を引き出し、東京・新宿のJR新宿駅改札口付近で、長男の部下を名乗る男に手渡した。不審に思った女性が長男に連絡を取り被害に気づいた。現金を受け取った男は20歳前後でスーツ姿だったという。小山署が詐欺事件として調べている。

県内では11月25日~27日にかけて息子を装い、「会社のカネを使った」という名目で高齢者からそれぞれ1千万円と600万円をだましとる詐欺が宇都宮市で2件起きている。

産経新聞 12月2日(日)7時55分配信 

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード