振り込め詐欺:関学OB狙う 宝塚などでも2件被害 /兵庫

宝塚署と西宮署は15日、学校法人関西学院(西宮市)の卒業生の家族を狙った振り込め詐欺の被害が2件発生したと発表した。被害額は計800万円に上る。神戸市内でも別の関学OB宅が400万円の被害に遭っており、県警は注意を呼びかけている。

宝塚署によると14日、宝塚市内の女性(70)の自宅に、長男を名乗る男から「既婚女性と男女の関係になり、妊娠させてしまった。示談金が必要」などと電話があり、女性は同日、西宮市内の金融機関から現金400万円を振り込んだ。西宮市内でも別の女性(70)が同様の手口で400万円の被害に遭った。

被害女性2人の長男は、いずれも関西学院の中学部と高等部をへて90年と95年にそれぞれ関西学院大を卒業している。県内では、他にも関学の卒業生の家族を狙った同様の不審電話が相次いでいる。【道下寛子】

毎日新聞12月16日12時35分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード