生活保護費不正受給:小城市、男性を提訴 /佐賀

小城市議会は21日、生活保護費を不正受給していた男性(58)に対し、被害金額の返還を求める訴訟を起こすことを議決した。13年1月中にも佐賀地裁に提訴する方針。県内の自治体が不正受給者に対して、民事裁判を起こすのは初めて。

市福祉課によると、男性は09年12月~10年11月、アルバイトなどで得た一定の収入があることを申告せず、生活保護費を不正受給したという。
提訴する理由として同課は、今年6月、男性に弁明の機会を与えたが「働いていない、知らない」などと話し、また7月18日に逮捕されて以降5回にわたり返還を催促する請求をしたが、返事がない、としている。
男性は今年10月、生活保護費約119万円を不正受給したとして詐欺罪に問われ、懲役2年(執行猶予4年)の判決を受け、確定した。
12月22日朝刊

毎日新聞 12月22日(土)15時1分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード