詐欺:「PCソフト購入、倍の値段で転売」 大町と下伊那郡で4600万円被害 /長野

県警は27日「パソコンソフトを購入すれば、倍の値段で転売できる」と持ち掛ける高額の詐欺被害が2件発生したと発表した。ともに70代の男女が電話勧誘でだまされ、被害額は計4600万円に上っており、注意を呼び掛けている。

振り込め詐欺対策室によると、大町市の70代女性は10月下旬、東京都のパソコンソフト販売会社社員を名乗る男から「当社のソフトを買えば、転売できる」と電話で勧誘され、自宅にパンフレットが届いた。同じ頃、ソフト買い取りを求める別の会社の電話があり、信用して購入を申し込んだ。11月中旬~12月下旬、送られてきたソフト10本の代金1500万円を、同封のレターパックに入れ、販売会社の指定する都内の私設私書箱に郵送した。だが、連絡が取れなくなり、警察に届け出た。下伊那郡の70代男性も同様の手口で3100万円をだまし取られた。
同室によると、27日現在、今回の2件を含め、指定先に現金を送らせる手口の詐欺被害は18件計1億4840万円に上る。【福富智】

毎日新聞 12月28日(金)13時1分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード